<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東北自動車道 大谷PA

先週末の男鹿・会津釣行
往復は東北自動車道を使って行ったんですが、途中立ち寄った大谷PAは上下線ともに、なかなか使えるパーキングエリアでした。

【大谷PA(下り)】
a0030168_15403819.jpg夜駆け・朝撃ちが遠征釣行の基本。そのため夜中から早朝にかけて高速道のSAやPAを利用することが多いんですが、なかなか美味しい食べ物がないんです。(しかも高いし…)

ところが大谷PA(下り)には、朝6時にも関わらず手作りおむすびが120~180円で売られていました。コンビニおむすびより安いし手でにぎっているので美味しいときている(^O^)。
通年やっているかは不明ですが(夏休みだから早朝営業とか…)いい場所を見つけました。

a0030168_15404647.jpgその売店の横にあるのが、宇都宮餃子のマスコット「スタミナ健太くん」の石造です。が・・・

「スタナ」って・・・(汗)

大方、外国の工場に注文して作られたものなんでしょう。彼の生い立ちを考えると、何か切なくて哀愁すら感じちゃうなぁ~(苦笑) シュールな下りPAです。

【大谷PA(上り)】
a0030168_15532130.jpg一方、帰りに通る大谷PA上り。こちらは外にある売店の焼き餃子(メチャクチャ美味い!)の匂いに誘われて、ついついそちらに行ってしまいがちです。
が、実はPA内フードコート?の「宇都宮定食」がスゴイんです!餃子は外の売店と同じものが何と15個入っています。それにご飯にスープに漬物のセットで850円!
「餃子定食700円(750円だったかな?)」っていうのもあるんですが、こちらは餃子定食にも関わらず餃子は5個だけ。プラス150円で餃子が10個増えるなら「宇都宮定食」を食べたほうが断然オトクですヨ。
ご飯の大盛りも対応してくれるようです。味&ボリュームともに満足の定食です。ボリュームがありますので、お腹を空かせてから食べましょう。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-27 16:01 | 食べ物

2ヶ月ぶりの渓流

7-8月は海ばかり足がむいていましたが、9月で渓流シーズンが終わってしまうところが多いこともあり、先週末からは再び渓流に出かけることに。出かけたのは栃木の男鹿川と会津の渓流…

詳しくは「FishFan 釣行日記」で―

a0030168_1345678.jpg2ヶ月ぶりの渓流釣行。海のシイラフィッシングのあと渓流釣りに戻ると「キャストが下手になってしまう」傾向があったんですが、今シーズンはそれほどキャスト下手に悩むことなく釣りができました。

むせかるほどの暑さのなか同行者がポイントを譲ってくれたこともあり、いいヤマメに遊んでもらえました。

a0030168_13183245.jpgまた普段とはちょっと(いや、かなり)趣の違うカジカ釣りにも初挑戦。箱めがねを覗きこみ、カジカの目の前にイクラを落として「パクッ」ときたら竿を引き上げる。この釣りは「釣り」というより「川遊び」といったほうがピッタリ。いい大人が夢中になって箱めがねを覗き込んでいました。

子供のころ近所の川で魚をとって遊んだあの時間が、男鹿川では今でも残っています。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-27 13:15 | 釣り

諦めない

お盆を過ぎるとペンペン(シイラ)が増えてくる相模湾・・・

詳しくは「FishFan 釣行日記」で―

a0030168_12171385.jpg今年も例年通りペンペンが増えていました。しかもスレまくってルアーに反応しても口を使いません。釣り人のストレスはたまるばかり。あまりの釣れなさに餌釣りを始めて楽しむ面々(苦笑)。

しかし、このペンペンについているビッグヘッドがいるのも例年通りでして・・・

船の周りを遠巻きに回るビッグヘッドに、最後まで諦めずにルアーを投げていたのがうちの旦那。
もう港に戻ろうかという最後の最後でヒットさせ、10分ほどやり取りして上がってきたのは143cmの自己新ビッグヘッドでした。

やっぱり最後まで諦めてはいけないですね。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-20 12:20 | 釣り

悩ましいロッド選択

a0030168_11584837.gif「相模湾シイラ強化週間」とばかり3度もシイラ釣りに出かけた先週。
こちらの読み通り良型シイラの群れにあたりおいしい思いができましたが、そんななかファイト中にロッドを折ってしまうというアクシデントにあいました。
この時掛けたシイラは目測でも120cmをゆうに超えるオスシイラだったんですが兎に角重かった。ロッドがフルベンドしてリフトアップもできないくらいで、最後は魚に引きずられるように船上を移動していました。

まだまだやりとりが下手な私ですが、釣っていて気になったのが「シイラって何キロくらいあるのか?」ってことです。重かったですからねぇ~。
普段長さばかり気にして重さを量ったことがありませんでした。で、ネットで調べてみると・・・

【オスシイラの場合】
ペンペン  3~6kg
0.9~1.2m 7~10kg
1.2m~   10kg~

って数値が多かったです。シイラの状態(太ってる・痩せている)でかなり変わりますけどね。
メスはこれに0.7を掛けたくらいの重さのようです。134cmで15kg超なんてオスシイラもいました。

あの時掛けたシイラは太っていたんで10kgは超えていたはずです。
折ってしまったロッドはMAX16lb(7.2kg)が適合ラインでした。あがらなくはないけどちょっとやりとりが難しい重さだったようです。まだまだ修行がたりないなぁ。。。

折ってしまったロッド、使いやすくて気に入っています。相模湾アベレージサイズのシイラなら楽しいロッドです。あのシイラが相模湾にしては大きかったといえばそれまでなんですが、大物が釣りたくて足しげく通っているのも事実だしなぁ~

今回は保証書の範囲で修理ができましたが、もしまた折ってしまったときのロッド選択は、かなり悩みそうです。(それまでにやりとりが上手くなればいいって。。。(汗))

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-17 12:05 | 釣り

デフォルト左仕様のモノって何でしょう?

我が家では釣ってきた魚を捌くのは旦那の担当となっています。
私も捌くことがありますが、旦那にくらべ格段に身が少なくなります…凹
私の包丁さばきもさることながら、それ以上に左手で右用包丁を使うと切れないのは確かのようです。(サクになった身を切っても旦那のほうがキレイに切る)

あっ、私左利きです。はい。

じゃあ左用包丁を買えば…と言われるんですが、生まれてこのかたズーッと右利き社会で生活してきて、コレくらいの不便さは日常茶飯事でした。だから包丁を買うまでもないかなと思ってしまう自分がいたりして・・・

a0030168_13252543.jpgハサミ、急須、おたま、缶切り、ビデオカメラ、駅の自動改札、自動販売機・・・どれも右用にできています。多少の不便は感じますが使えないワケじゃないし、初めからそういうものだと思えばそれに順応できちゃったりして。
その証拠にいつだったか左用バサミを買ってもらったことがあったんですが、そのハサミがうまく使えなかったことも…(苦笑)

しかしどうしてもうまく順応できないモノもありました。書道と万年筆…左だと上手く書けないんですよねぇ~。履歴書を万年筆で書くときは苦労しました(ペン先が上手く進まない)。書道は右手で書いたほうが上手いくらいだし、、、

そして最近分かったのがリール。。。「ハンドル変えればどっちでも使えるじゃん?」と思っていたんですが、右巻きだと巻いているとハンドルが緩むことがあるんですよ。右巻きはハンドルを巻く方向とハンドルを外す方向が同じになりますからね。この間、良型シイラを掛けたときも。。。(焦)
そのあとハンドルをリールが壊れるんじゃないかってくらい締めたのは言うまでもありません。

まっ、ちゃんと釣れましたから何とかなるってことで。
包丁の切れ味よりもリールのハンドルの緩みに不便さを感じてしまう、困った私なのでした。

そうそう、世の中でデフォルト左仕様のモノがあるんです。何だか分かりますか?
皆さんも必ず使ったことがある身近なモノですよ。ご存知の方はコメントしてくださいネ。(何もありませんけど…)
答えはそのうちネ。私が知っているのは1つなんですが、他にもあるのかなぁ~

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-16 13:33 | まったりな日々

マツダイ

先週末の相模湾シイラ釣行。
大きなシイラの群れにアタリ船上は祭り状態だったんですが、そんな中でんぼさんがヘンな魚を釣りました。

a0030168_956438.jpgなんじゃこりゃ~?!
シイラカンスのようなグロテスクな見た目。ウロコが大きくゴッついし正直なところ「この魚食べられるの?」と思うほどでした。
同行していた人がその魚を知っていました。
名前は「マツダイ」
スズキ目マツダイ科の魚で、幼魚のころは葉のように擬態をして浮きモノと一緒に漂っているそうです。
警戒心が強くなかなか釣れないとのこと。ただ掛かれば引きが強く跳ねたりもするのでゲームフィッシュとしては楽しい魚だそうです。釣ったでんぼさんもはじめは「シイラ?」と思ったくらいです。

問題の味ですが「鯛」ってくらいなので美味いらしい。珍魚のため市場に出まわることはほとんどなく料亭に直行なんだとか。。。(ムフフ、期待できるじゃん)

a0030168_9575430.jpgで、家に持ち帰って、さっそくでんぼさんに捌いてもらいました。
硬そう…捌きにくそう…
悪戦苦闘するでんぼさんの後ろで、四方八方に飛び散るウロコを拾い集める私なのでした。

初日は刺身で、2日目は塩焼きと鯛茶漬けでいただきました。
味は鯛そのもの、身は薄いピンクで上品に脂が乗り甘味もあってまいう~です。
鯛って捌いて何日かしたほうが味が増すそうなんですが、マツダイもそのようです。2日目のほうが美味しかったです。(^o^)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-14 10:05 | 釣り

自己新!

今シーズン貧釣が続いていたシイラ釣行ですが、先週の後半ころからやっと夏のシイラ日和になってきました。

詳しくは「FishFan 釣行日記」で―

風があり多少波があった9日に大型シイラが3本も出てくれましたが、すべてバラシ(ロッドまで折っちゃった)、そのリベンジとばかりに向かった11日の相模湾。
a0030168_10122296.jpg
この日は風もなく波もおだやか。浮きモノを探しての釣りでしたが、数少ない浮きモノが見つかれば必ず大型シイラの群れに当たるというシイラのアタリ日でした。
はじめにあげた1本は120cmのオス。久々の120cmに満足していましたが、その後あがるシイラが軒並み130cm超という凄さ!(120cmが小さく感じる・・・)
再びキャストを開始しました。

a0030168_11412292.jpg船脇に出てきたトラ縞のやるき満々ビッグヘッド!
鼻先にルアーをぽとりと落としたら何とヒットしちゃった!(驚)
途中いろいろありましたが何とかネットインまで持ち込み、サイズを測ったら136cmと自己新のシイラを釣り上げていました。

写真を撮ってもらおうとシイラを持ち上げますが、ファイト後のヘトヘト状態では持ちあげられませんでした。すっかりやられちゃったなぁ。。。(苦笑)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-13 11:46 | 釣り

キメジ

a0030168_9514759.jpgキメジ・・・キハダマグロの幼魚のことです。
背中の部分が黄色くなっているのが特徴です。(本マグロは黄色くない)
夏から秋にかけて相模湾でも釣ることができます。幼魚と言っても5kg超のものも多く釣り上げるまで一苦労します。。。

先週末のシイラ釣りに行ったとき、一緒に釣っていた人からキメジを1匹わけてもらいました。
う~ん、海釣りで待ちに待っていた高級食材「マグロ」ゲット!!(笑)
血抜きしていなかったためチアイの部分は苦くてNG、赤味の部分は適度に脂が乗っていておいしかったです。
しかし正直言って生食では本マグロの味にはほど遠い・・・味が薄いと言えばいいのかなぁ~、何か物足りない感じがしました。(カツオのほうが美味しかったです)
ところがこのキメジ、火を通すとめちゃくちゃ美味しいんです。ハラミの塩焼き、赤味の生姜醤油煮を作ったんですが、どちらも身がふっくらして脂の甘さも生食より際立っていました。
いい食材もらってきちゃったなぁ~(^^)

幼魚といっても大きな魚なので、まだ1/4切れほど冷凍庫に保存してあります。
次はどんな料理にして食べようかな。。。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-07 09:57 | 釣り

相模湾ブートキャンプ

先週末は相模湾にシイラ釣りに出かけてきました。

a0030168_14305320.jpg詳しくは「FishFan 釣行日記」で―

本当は4日に出船予定だったんですが台風の影響で海が時化ていて出船中止。知人が翌5日にシイラの仕立船を予約していて空きがあったため、5日の船に乗せてもらいました。
駆け込み乗船(苦笑)のため、船の後ろで大人しく釣っていたんですが。。。

出船したとはいえ5日の相模湾、波が2~2.5mあり釣りをするにはちと厳しい状況でした。キャストしたあとバランスを崩して船から落ちそうにもなったりして。。。(汗)
久々に船酔いになりました。が、以前の船酔いとは違い気持ち悪いけど吐き気がしない・・・どうやら船尾にずーっといたため、船尾からでる排ガスで気分が悪くなってしまったようです(苦笑)。

そして家に帰ってからのこと。ロクにキャストもしていないのに、何やら体のアチコチが痛いんです。
揺れる船の上でずーっとバランスを取っていたため、知らず知らずのうちにいろんな筋肉を使っていたようです。
特に痛いのが背中。そして腰痛サポーター2枚でバッチリガードしていたはずの腰もちょっと痛かったりして。。。

一度乗ったら最後までやめられない、これぞ「相模湾ブートキャンプ!」
ビリーの叱咤激励はないけど、船長の「エサでもやるかい?(ルアーで釣れないから)」との優しい心使いがあります。これなら意志の弱い私でも続けられるかも・・・(爆)

シイラが釣りたいよ~(涙)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-06 14:38 | 釣り

沖縄の魚

7月27~31日まで夏休みで沖縄県の宮古島にGTフィッシングに行ってきました。

詳しくは「FishFan 釣行日記」で―

今年の宮古島、異常に暑いそうです。陸以上に暑いのが海水温。水面の水温が33℃あるそうで、これは温水プール(30℃位)よりも温かい?海水といことになります。
GTフィッシングはトップウォーター(水面)で狙う釣りのため、ここまで水温が上がってしまうと魚が水面まで出てきません。兎に角、超センシティブな釣りになりました。

水面は熱い海ですが、水底になると26~27℃と魚には快適な空間?になります。船から水底を覗き込むと魚が泳いでいるのが見えたりして恨めしい。
で、「この際GTでなくても。。。」と、昼食休憩の合間にジギングをすることにしました。
ジグを落としてシャクると何と簡単に釣れること釣れること。色とりどりの魚が釣れました。

沖縄には独特の魚の呼び名があって、ダイビングや釣りをしていると沖縄固有の名前のほうで通っている魚もいたりします。

a0030168_1250926.jpg■イシミーバイ(カモンハタ)
沖縄独特の呼び名のほうが良く知られているかも。
食べると美味しい魚です。
私が宮古島で初めて釣った魚です。
ちなみに「ミーバイ」とは「ハタ」のことです。


a0030168_1256436.jpg■ナガジュミーバイ(バラハタ)
こちらはバラハタのほうが通りがいいかも。
食べることもできますが生物濃縮でシガテラ中毒になることもあり、食用には向いていません。
真っ赤な体にピンクの斑点、ヒレを縁取る黄色、これぞ南の島の魚です。

a0030168_12561441.jpg■ハンゴーミーバイ(アカハタ)
こちらもアカハタのほうが通りがいいかも。
生食より加熱して食べるほうが美味しいそうです。中華の食材として重宝されている魚です。
宮古島ではあまり釣れないそうですが、私はなぜか2匹も釣っちゃいました。

結局GTは釣れなかったんですけどね。それでも沖縄の魚に遊んでもらえて楽しかったです。
ちなみにGT(ロウニンアジ)は沖縄ではガーラ(GTやカスミアジなどのヒラアジ系の総称)と呼び「暴れん坊」という意味もあります。

ガーラ(暴れん坊)だけに手ごわかった。。。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-08-01 13:12 | 釣り