カテゴリ:釣り( 166 )

男鹿川釣り情報のURLが変わりました

a0030168_911288.jpg数日前から男鹿川釣り情報への接続ができなくてどうしたんだろうと思っていたんですが、先日URLが変わったとの連絡がありました。急にかわっちゃったんで、ビックリッ!

新しい男鹿川釣り情報のURLはコチラです。
http://blog.livedoor.jp/miyori645/

週末の河川清掃・放流作業に来る人、大丈夫かな?

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-10-06 00:00 | 釣り

男鹿川河川清掃&稚魚放流のお知らせ

10月4~5日に男鹿川で河川清掃&イワナ稚魚放流が行なわれます。
この手のイベント事を載せるとよく問い合わせがくるので予め説明をしておくと・・・

●河川清掃は「愛リバーとちぎ事業」として行なわれます。(参加団体:男鹿川じねんと倶楽部)
●稚魚放流は「おじか・きぬ漁協」「栃木県水産試験場」指導のもと稚魚購入・放流を行ないます。


ってことで個人が勝手にやっていることではありません。ご心配なく…

a0030168_164217.jpg放流魚については漁協が用意する稚魚以外に、一般の方が稚魚を購入(1口3,000円)して男鹿川に放流することもできます。自分が購入したイワナたちが男鹿川を泳ぐなんて素敵ですよね。先日放流予定の稚魚を見てきましたが2年魚でコンディションも良好でした。

しかもこのイベント、漁協の方や男鹿川に通い詰めている釣り師の方と仲良くなれて(←おいしいポイントを教えてもらえる)、何よりどこに魚を放流したかが分かります。釣り人にとってはけっこうおいしいイベントだと思いますヨ。
もちろん釣りをやらない人でもOK!キレイな渓流を見たい・子供に魚を見せてあげたいという理由で参加してくれる方もいらっしゃいます。

今年一年渓流釣りを楽しんだ川への恩返しに、これからもずーっと川で楽しめるように「河川清掃」「稚魚放流」に参加してみませんか。
a0030168_164205.jpg
【河川清掃】
■日時:10月4日(土)12:30~16:00
  受付 12:30
  開始 13:00
  終了 16:00の予定

■集合場所:男鹿の湯駐車場(栃木県日光市中三依)
  野岩鉄道会津鬼怒川線中三依温泉駅より徒歩3分 Map

保険に加入しますので、当日お名前とご住所を記入していただきます。
河川清掃終了後、男鹿の湯に入浴できます。
河川清掃終了後、懇親会が18時から男鹿の湯で行なわれます。(参加自由 会費1000円)

a0030168_1691746.jpg【イワナ稚魚放流】
■日時:10月5日(日)6:30~15:00(途中参加可)
  受付        6:30(養魚場へ行く方)
  養魚場へ出発  6:45
  稚魚放流開始 10:00(ここからの参加も可)
  終了       15:00の予定

■集合場所:ロッヂ古代村(栃木県日光市中三依)
    野岩鉄道会津鬼怒川線中三依温泉駅より徒歩10分 Map

主催 おじか・きぬ漁協三依支部、男鹿川じねんと倶楽部
後援 栃木県日光土木事務所
指導 栃木県水産試験場
協賛 キリンビール栃木支社、(有)OPA!、税理士法人沖村事務所
    男鹿の湯、つちや食堂、まるなか、松や、古代村、アングリングファン
    Jun minnow、スカジットデザインズ


どちらか一方でも参加OK。両日参加の場合は宿手配等の相談も可能です。

何やら仰々しいお知らせになってしまいましたが、どちらのイベントも毎回、地元の人、漁協の人、釣り人、みんな一緒になって和気あいあいと楽しんでいます。
興味のある人は「男鹿川じねんと倶楽部」ブログ内にあるお申込み、もしくはこのブログにコメントを入れていただければ、詳しい情報をお知らせします。

もちろん私も参加します。(将来の自分のために・・・(^^;))

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-10-05 15:00 | 釣り

そろそろ禁漁

a0030168_1093327.jpg早いものでもう9月!そろそろ川が禁漁になります。
う~む、寂しいですねぇ。。。
先週末は19日で禁漁になる男鹿川に遊びに行ってきました。
(釣り日記アップしました!)

3連休の中日からの入渓だったこともあり、さっぱり魚が見えません。まっ禁漁間近の人気河川なのでこんなもんだろうなぁ~と予想はしていましたが。。。(苦笑)
こんなときは渓相のいい場所をのんびり釣り歩くのも楽しいもんです。釣果は1日1匹でしたが、晴天の河原でお昼ごはんを食べたりして釣果以上に気持ちのいい釣行になりました。

a0030168_1010977.jpg川から上がって車に戻る途中、道端のあちこちにキノコを見つけました。キノコの季節ですね。
う~む、見るからに怪しいキノコ →
キノコ名人に聞いたらやっぱり毒キノコだって。。。
ベニテングタケのようです。

キノコ名人いわく、この時期「このキノコ食べられますか?」と聞かれても「食べられますよ」とは答えないとのこと。
よく似たキノコが多くて毒有・食用の見分けがつかないのがその理由だそうです。
「食べる・食べないは自己責任で・・・」ということ。ちなみに私が道端で写真を撮ったほとんどのキノコは「毒有」でした。
食用はそうそう簡単には見つからない(簡単に見つかるキノコは食べられない)・・・と思って間違いないようです。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-09-16 10:17 | 釣り

道東アメマス釣行

a0030168_10162382.jpg先週末は道東にアメマス釣りに行ってきました。
溯上アメマスのファーストランを狙っての道東遠征です。

う~ん、9月のアメマスは太いですねぇ~!! (^o^)

昨年秋のアメマス釣行は悲惨な結果だったし、過去のアメマス釣りではちゃんと釣りができていないので、実は密かにそのリベンジももくろんでいたりして。

その結果は後日釣り日記で・・・(今週中にアップ予定です)

a0030168_1016452.jpg今回ネットで知り合った北海道在住のわかさんに案内していただきました。
わかさん本当にいい人です。にぎやか釣り隊4人の騒々しい釣りに嫌な顔1つせずお付き合いいただき本当にありがとうございました。
北海道に遊び(釣り)に行くときは、また連絡しますね。

ホント、1日中笑いが絶えない楽しい釣行でした。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-09-09 10:17 | 釣り

釣り運

昨晩、8月分の釣り日記アップしました。どの釣行も微妙な釣果だなぁ。。。

a0030168_15193918.jpgところで「あおなじみ」って言葉、知ってます?
千葉や茨城の方言で「青アザ」のことです。千葉でも一部の地域だけで使われているらしく、同じ千葉出身の旦那は知りませんでした。私は東京の学校に行くまで、ず~っと標準語だと思っていたくらい普通に使われています。
「青タン」って言うこともあるけど、これも方言かなぁ?
(これも青タン→)

ここ数回の週末釣行でやたらとこの「あおなじみ」を作ってしまいました。
船べりに体重かけて釣りをする船釣りは仕方ないにしても(寄りかかったところにアザができます)、渓流でハデに転んで両膝にあおなじみとは情けない・・・(T_T)
しかも、なかなか直らないし・・・

釣りに行けばボチボチ釣れるけど「コレっ!」といった魚が出なくて、コケたり水没しそうになったり・・・と、ここのところ釣り運は下がりっぱなしです。(ぼー○がないだけいいけどね)
そろそろ貯まりに貯まった釣り運を使いたいところなんですけどねぇ。。。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-08-26 15:21 | 釣り

自然を甘く見てはいけない・・・

a0030168_1011508.jpg先週末は栃木→福島→新潟へ移動メインの釣行(笑)。
変わりやすい山の天気に翻弄されまくり2日目の新潟では入渓したとたん雷雨にあってズブ濡れになりました。
川から上がりロッドを離れたところに置いて雷が遠くに行くまでしばし待機。
さっきまで膝上あるかないかの水位だった目の前の川が、みるみるドチャ濁りの濁流になっていきます。
雨は降り続いているものの雷が遠ざかったので急いで車にもどることに。帰り道の林道は小川のように水が流れところどころ土砂も崩れていました。

なんとか車まで戻り着替えて街まで戻ろうと車を走らせると、対向車の運転手が両手でバッテンをしています。聞けば土砂崩れでその先の道が使えず迂回しないといけないとのこと。
迂回路を使って降りる途中土砂崩れの現場が見えましたが、そこは普段チョロチョロと沢が流れている場所でまったく原型を留めていませんでした。

文書で書くとたいしたことないようですが、実際のところひさしぶりに怖い思いをしました。
普段から山の天候や川の水位には気をつけて釣りをしていますが、それでもあの短時間での川の変わりようは想像以上のものでした。

そして今回いくつかの偶然が重なってくれたおかげで、難を逃れることができました。
 ・いつもは携帯しているレインウエアを持っていなかった
 ・入渓する前に大人数のルアーマンとすれ違った(=釣る気がダウン(苦笑))
 ・私が雷が嫌いだった

もし先行者がいなくてそこそこ魚が出ていたら・・・
もしカッパを着て釣り続けていたら・・・

と思うと、今でもゾーッとします。
自然を甘く見てはいけない・・・いい教訓になった釣行でした。

写真だけだと迫力が伝わりませんよねぇ~。ってことで上の写真の現場の動画も撮ってきました。 【堰堤の濁流動画】(音もでます)
よく見ると堰堤上から発砲スチロールのようなものが流れ落ちていますが、それらはすべて大岩です(怖)。少しでも自然の驚異が伝われば・・・と思います。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-07-29 10:24 | 釣り

釣り大会のお手伝い

a0030168_22543166.jpg先週末は男鹿川の釣り大会のお手伝いに行ってきました。
大会当日はスタッフだったので釣りはしませんでしたが、前日はカジカ釣り、翌日は大会の残り魚イジメ(のつもりが返り討ちに・・・(涙))と楽しかったです。
a0030168_22595081.jpg
(釣りの様子は後日釣り日記で)

大会前日は入渓点の整備や大会エリアの仕切り、テント設営などを行いました。まあこの作業は日が落ちる前に準備が済めばいいということで、のんびりした作業となりました。
a0030168_2301215.jpgそして、むかえた大会当日―

a0030168_2333278.jpg駐車場で車の誘導、放流、監視、検量・・・と、そりゃま~大忙し!(苦笑)

あまりの忙しさに写真を撮るのも忘れていました。だから大忙しの様子が写真に残っていない・・・
大会当日の様子は、こちらに載っています・・・「男鹿川釣り情報」
a0030168_2342361.jpg
私は好きで手伝っていましたが、それでも放流作業では「しんどい~」「きびし~っ!」といいながら汗ダクダクの重労働・・・漁協の方の苦労を再認識した次第です。

バケツの中に川の水をゆっくり入れて水をなじませると、中から元気にヤマメ・イワナが飛び出していきます。
そんな魚に「たくさん釣れるんだよ~」と笑って送り出しましたが、内心は「明日(私が釣るとき)まで残ってるんだよ~」と思っていたりして。(悪)
a0030168_2365325.jpgこんなこと思っているから翌日返り討ちにあったのかもしれません。(苦笑)

今回の放流魚はサイズがよくキレイな魚がいっぱいでした。
ヤマメ:イワナは7:3くらいの割合。幅広の大きなヤマメがいっぱいいました。お腹の中に何も入っていない空腹状態で、釣り大会にはグッドな魚だったようです。

a0030168_2373157.jpg大会参加者の方々も紳士的でした。開始前の竿出しや場所取りでもめたりといったトラブルもなく、私がスタッフの帽子をかぶって歩いていると話しかけてくれてずーっと雑談してたり・・・大会とは思えないくらい和気あいあいとした時間になりました。

今回大漁賞の方は4kg強、大物賞の方は38cm強と、渓流の釣り大会としてはまあ成功したのでは・・・と思います。放流した魚がちゃんと釣れてくれてよかったです。ホッ。

それにしても・・・なんでヤマメが釣れないんだろう。イワナは釣れるのになぁ。。。

「何であんなに撒いたヤマメが釣れないんだ~っ!」_| ̄|○(へっぽこ釣り師心の叫び)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-07-23 14:23 | 釣り

船酔い

先週末はマルイカ釣りへ行ってきました。(釣果はのちほど釣り日記で・・・)
いつもは午後便に乗るんですがこの日は午後便が取れずに午前便になりました。
午前便の場合、寝不足のまま船に乗ることになりどうしても船酔いになりがちです。
今回も同行者1名が出船直後からダウンしていました(^^;)

私もボートダイビングをしたときに出船5分で船酔い、それでも潜って船にあがったら。。。(冷汗)
と非常に辛い思いをしたことがあり、それ以来酔止め薬を必ず飲むようにしています。
a0030168_1115716.jpg私の常備薬は「アネロンニスキャップ」。この薬はダイビング仲間の間では「必須アイテム」になっている薬です。

船に乗る1時間前に飲んでいれば、私の場合は荒れた海でも船酔いになることはありません。かなり効き目が強い薬のようです。
しかし・・・効き目が強い分、薬が切れるころに副作用?がでることがあります。
おそらくこの薬の効き目は12時間程度。そのころになると頭が重くなり視点が定まらなくなってフラフラ。。。
まあ船からは上がっているので揺れる船上で気持ち悪くなるよりはマシですが、車の運転をしていたりするとちょっとシンドイです。
この副作用が出てくると私は頭痛薬を飲んでしまうんですが(症状は治まります)、薬の副作用を別の薬で抑える・・・っていいのかなぁ~と、毎回思っている次第です。

何か薬を飲まずに船酔いにならない方法はないものかなぁ~

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-07-14 11:09 | 釣り

年々増える光景

a0030168_1131788.jpgブログも釣り日記もすっかりご無沙汰しています・・・(汗)
これ以上釣り日記を溜めると忘れてしまいそうなので(すでに忘れているような(汗))、2回分の釣り日記を昨夜やっとのこと更新しました。
激シブイカ釣り(汗)」と「魚野川遠征」です。
残りの釣り日記はあと1釣り。しかし、今週末2釣りの予定が入っています。。。(;@д@)

今回の魚野川遠征では数年前にカモシカと出会ったキレイな沢に重機が入っていました。魚の数もめっきり減り、イワナ・ヤマメの稚魚が育っていた枝沢にも重機が迫っていました。

年々こんな光景に出くわすことが多くなったように思います。

私達が入る沢のほとんどは人里離れた場所です。そんなところでも重機はお構いなく入ってきます。こんなところまで開発が必要なんだろうか?と首をかしげる場所も少なくありません。
もし必要な開発だったとしても、もう少しそこに住む全てのものにやさしい開発ってできないんでしょうか・・・?
そんなことを思いながら沢をあとにした魚野川遠征でした。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-07-10 11:05 | 釣り

鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい?

先週末は男鹿川じねんと倶楽部のイベントで河川清掃に行って来ました。(イベント前にはちょっと釣りも…)
地元中学校の若い女性の先生が参加し参加者平均年齢をグッと引き下げ、清掃後の宴ではヨサコイを踊ったりフルートを演奏してくれたりと、若いのに一芸に秀でているなぁ~と関心関心。いや~楽しかったです。

そんな先生のフルート演奏中、遠くのほうから「キ~~ッ、キ~~ッ」とブランコをこいだときに聞こえる金属音のような音がしてきました。
「あれ、トラツグミだよ」と教えてくれたのは最近山の神様に魅入られているそでピーさん(笑)。
この方、魚はもとより山菜、キノコ、鳥、ハーブ・・・なんでも知っていらっしゃるすごい人です。
つい数年前までイワナもヤマメも分からなかった私にしてみれば「あなたが山の神様なのでは?」と突っ込みたくなるくらいです(笑)。

a0030168_10355368.jpgで、どんな鳥なんだろうと古代村においてある「鳥類図鑑」で確認すると、う~む、特徴ある鳴き声とは対照的にえらく地味な鳥・・・
しかも説明文には「妖怪「鵺」の声はこのトラツグミの声とされて気味悪がられている…」と、なんとも気の毒な説明が。
そういえば昔、映画「悪霊島」のキャッチコピーに「鵺の鳴く夜は恐ろしい」なんていうのがあったっけ。不気味でも何でもないけどなぁ~。特徴的な鳴き声は野鳥初心者には憶えやすい1羽なのにね。

フルートと鵺のコラボよろしく、鵺の鳴く夜は何事もなくすぎていったのでした。

(トラツグミの画像は東京ズーネットよりお借りしました)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-07-02 10:46 | 釣り