振り向けばヤツがいる・・・

先週末、早くも今シーズン最後のシイラ釣りへ。
釣果は散々でしたが(凹)、釣行中にとんでもない魚に会ってしまいました。
「魚に会って?」・・・何か変な言い回しですが、この魚には「会って」って言葉がピッタリです。
ほんのちょっとですがビデオ録画していたので・・・

こんな魚に会ってしまいました。 ←ここから動画再生してね

私は大ドモで釣っていて、なにげなく船尾のほうに振り向いたらコレがいて、しばらく何が起こったのか分かりませんでした。心臓が止まるかと思うくらいビックリです!

振り向けばヤツがいる・・・

つくづくホオジロザメじゃなくてよかったです。
5mはあるかな、大きな体にコバンザメを従えてのんびりゆったり泳いでいました。
この魚、船尾にビタッとついてなかなか離れないんですよ。餌をねだっているようで、私たちが乗った船から離れると、別の釣り船の船尾についておねだりしていました。

a0030168_13175695.jpg<ジンベエザメ>
ジンベエザメ(学名:Rhincodon typus 甚平鮫、ジンベイザメ)は、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する濾過摂食性のサメ。 現生最大のサメ、そして、現生最大の魚として知られている。
世界中の熱帯・亜熱帯・温帯の表層海域に広く分布する。動きは緩慢であり、基本的には人にとって危険性の低いサメである。  ウィキペディア(Wikipedia)より

相模湾近辺ではあまり見かけないようですが、これが出ると大漁になるということから漁師さんからは縁起のいい魚と思われているようです。
(アミを食べるイワシと一緒にいることが多いようで、そのイワシを食べる青物も近くにいっぱいいるから大漁になるというワケ)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2009-08-12 13:20 | 釣り


<< 久々の釣り 黒潮が恋しくて >>