自然を甘く見てはいけない・・・

a0030168_1011508.jpg先週末は栃木→福島→新潟へ移動メインの釣行(笑)。
変わりやすい山の天気に翻弄されまくり2日目の新潟では入渓したとたん雷雨にあってズブ濡れになりました。
川から上がりロッドを離れたところに置いて雷が遠くに行くまでしばし待機。
さっきまで膝上あるかないかの水位だった目の前の川が、みるみるドチャ濁りの濁流になっていきます。
雨は降り続いているものの雷が遠ざかったので急いで車にもどることに。帰り道の林道は小川のように水が流れところどころ土砂も崩れていました。

なんとか車まで戻り着替えて街まで戻ろうと車を走らせると、対向車の運転手が両手でバッテンをしています。聞けば土砂崩れでその先の道が使えず迂回しないといけないとのこと。
迂回路を使って降りる途中土砂崩れの現場が見えましたが、そこは普段チョロチョロと沢が流れている場所でまったく原型を留めていませんでした。

文書で書くとたいしたことないようですが、実際のところひさしぶりに怖い思いをしました。
普段から山の天候や川の水位には気をつけて釣りをしていますが、それでもあの短時間での川の変わりようは想像以上のものでした。

そして今回いくつかの偶然が重なってくれたおかげで、難を逃れることができました。
 ・いつもは携帯しているレインウエアを持っていなかった
 ・入渓する前に大人数のルアーマンとすれ違った(=釣る気がダウン(苦笑))
 ・私が雷が嫌いだった

もし先行者がいなくてそこそこ魚が出ていたら・・・
もしカッパを着て釣り続けていたら・・・

と思うと、今でもゾーッとします。
自然を甘く見てはいけない・・・いい教訓になった釣行でした。

写真だけだと迫力が伝わりませんよねぇ~。ってことで上の写真の現場の動画も撮ってきました。 【堰堤の濁流動画】(音もでます)
よく見ると堰堤上から発砲スチロールのようなものが流れ落ちていますが、それらはすべて大岩です(怖)。少しでも自然の驚異が伝われば・・・と思います。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2008-07-29 10:24 | 釣り


<< さよならcdmaOne 釣り大会のお手伝い >>