世界遺産で釣り

先週末、知床半島でカラフトマス釣りを楽しんできました。

詳しくは「FishFan 釣行日記」で―

a0030168_946882.jpg産卵のために溯上してくるカラフトマスを海岸で釣るという釣り。目の前にカラフトマスの背中がウジャウジャ見えるので、投げていればそのうち口を使ってくれる魚も出てきます。(^^;)それ以上にスレ掛かりしちゃう魚が多くてまいりましたが。
釣りモノとしては大味なので、好みが分かれるところかな? 私はもう少しライトタックルでいけばよかったと少々反省。。。

a0030168_9462141.jpgしかしそこは世界(自然)遺産。景色は最高!ケモノのにおいもプンプンです。(笑)
私たちが釣っているすぐ後ろで鹿が草を食んでいたり、カモメが打ち上がったカラフトをつついていたり、幅1mもない沢をカラフトが群れとなって上がっていく姿は圧巻でした。
オショロコマを釣りに行った沢は熊の巡回ルートで、数日前にもあまりに熊が頻繁に出るとのことで撃ったんだとか。いつも以上に騒々しい釣りになりました…(苦笑)

釣りの楽しみ方はいろいろですね。今回はのんびりまったり自然を楽しみながら、その合間にちょっと釣りを楽しませてもらった。。。といった感じの釣り旅行になりました。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-09-07 09:49 | 釣り


<< 停滞中・・・でも釣りには行きます 東北自動車道 大谷PA >>