ウエーダーの修理 ― その後

以前ブログで「ウエーダーの修理剤、何がいいのかなぁ・・・」なんて話を書きましたが、その後の話です。
前回のコメントで「補修用シートでOK」とのことでしたが、「ゴアテックスにアイロンをあてる」って結構ビビリます。(なにぶん不器用なものですから…(汗))
この際せっかくなので、接着剤2種を試してみました。
a0030168_115398.jpg
(1)サンスイオリジナルのUV-GLUE(家にありました)
【特徴】
・UVライトをあてれば、1分もしないうちに硬化します。
・硬化した部分はちょっと固めです。
・容器がラミネートチューブで持ち歩きやすいです。

a0030168_1161048.jpg
(2)ティムコ ウルトラフレックス(サンスイで新たに購入)
【特徴】
・硬化には3時間ほど掛かります。
・硬化した部分はかなり柔らかく柔軟性があります。


ピンホール程度なら、どちらも補修剤として使えました。
補修箇所から水没することもなかったし、2つとも開封後も容器の中で硬化することがないので経済的です。

釣り場には硬化時間が短い「UV-GLUE」を持ち歩き、家では柔軟性がある「ウルトラフレックス」で修理するのが、よりベターな修理方法かと思います。
大きく切れちゃった場合などはちょっと分かりませんが、ウエーダーを修理する際の参考にしていただければ・・・と思います。

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
 (人気釣りブログの一覧が表示されます)

[PR]
by ffojyaruko | 2007-03-19 11:31 | 釣り


<< 日帰り温泉受難 無理はしません >>